« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月27日 (月)

責める文化

多分責任逃れの裏返しなんだろうな?と思うけど、誰でも責任を取らされる=職を追われる事になるから、責任は取りたくないだろうね?
人がすること故に間違いは付き物だけど、自己責任を無視した訴追が成立すれば、誰でも責任逃れに走るだろう?
食品全部に「多分食べても大丈夫だけど、保証できないから、買って食べるかどうかは自己責任でどうぞ。買っても食べられないと思ったら、自己責任で捨てて下さい。作る時に使った材料はこれです。成分はこれです。製造工程はISO9001を取った工場で、こうやって作っています。」なんて事を書けば良いんだ。昔はそんなもんだったけど、PL法が出来て、製造者の責任を問うようになってから近年常軌を逸している。
何か製品に不都合があった場合、製造元と消費者保護センターに問い合わせるなら正しい対応だと思うけど、いきなり事実関係も証明できない写真をSNSに載せるのは威力業務妨害以外の何ものでもない。事実関係が怪しい画像を載せた場合、刑事訴追してやればいいんだ。
今時合成写真なんか簡単なんだから、SNSに載っている写真なんか証拠能力も怪しい。僕はSNSにそう言う目的にアップされている画像を信用しないけど、それを見て簡単に信じる利用者にも問題あるよね。そもそも直ぐに信じる奴が居るから、怪しい写真を載せたがる奴が現れるんだからさ。
かなり脱線してるけど、何か起こった時、誰かを責めてもそれで解決する訳ではない。
何で起こったのか原因を追及して改善を図らないと何度でも繰り返す。だから、製造元に情報提供して改善を図って貰うのが正しい姿であり、製造業自体の発展にも寄与するだろうなと思う。
でも、駄目な会社の場合は、情報提供された製造元の中間管理職は管理義務怠慢を隠すために封印したりする。出来る会社の場合には、原因、改善措置を記した感謝状と製造元で作っている食品詰め合わせなんかを送ってくる。
駄目な会社では、SNSで炎上してから責任逃れを繰り返し、新聞沙汰になって記者会見で社長が下げたくない頭を下げる。
出来る会社では、SNSに載っていることが解った時点で正確な情報を発信してユーザの理解を得る。覚えているところでは、チロルチョコレートの対応なんか素晴らしかった。
まあ、結局、仕事の目的に対してのサボりなんだな。
間違いが起こらないような対処で確率を小さくする努力、炎上する前にリサーチする努力、直ぐに情報を確認する努力、適切な対処をする努力、色々あるけど、そのどれをもちゃんとやらないから炎上して責任を問われる事態になる。自分の不始末は、とりもなおさずサボりだし、それを誰かに押し付けて逃げようとするのもサボりだよね。それってカッコ 悪いよね。
中々言いたいことに話を収束できないけど、人を責めている姿は自分のサボりをアピールしているようでカッコ悪いよね。
間違いを許容しない社会では、間違いから学べない。間違えた事も無く学んでこなかったから大きな間違いを犯しその対応も間違える。そうりゃそうだ、間違えたことが無いのだから対応出来る訳がない。
無闇な競争社会では、人の間違いを騒ぎ立てて蹴落とすような事を考える奴が必ず出て来る。そう、モラルの無い奴がね。それも、出来ない奴に限ってそう言う事が好物だよね。
人生は全て学びの中にあると思う。自分たちが子供の時には失敗を恐れるなとか教わっていたように思うけど、責められるのを怖がっていては人生を学べない。一体どこでそんな間違いになってしまうんだろうか?

| | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

将来どんな人間になりたいか?

僕の職場の採用試験論文のテーマが、「将来どんな人間になりたいか?」です。
正確に言うと職能団体なので、「将来どんな○○になりたいですか?」と言うのがテーマなんですが、目的は「将来ビジョンを一度は考えてみて欲しい」です。
どうせ学生の時に30年後、40年後の明確なビジョンなんて持っている筈も無いので、それ自体に期待をしている訳ではありません。入職前に一度は考えてみて欲しいと思っているだけです。
働いて賃金を得られる仕事に楽な仕事はありませんので、入職後に大変な思いをすると不平不満の中で仕事をするような嫌な状態になります。特に20代は力を付ける時ですから、不平不満の中で努力を怠れば、30代で実績をあげることが出来なくなります。大事な時期にそれって色々な意味で不幸ですよね?
「仕事を道楽化出来る人間になりたい」と書いて来てくれたら、僕が試験官をしている内は一発合格です。

| | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

お互い半分避けようぜ

街を歩いていると"お前が避けろ"とばかりに突っ込んで来る輩がいる。
スマホを見ながら普通のスピードのまま突っ込んで来る輩、
女性に多いが下を向いたまま前に誰か居ても構わず突っ込んでくる輩、
脇目も振らずそのまま来たらどう見てもぶつかりそうなのにそのまま突っ込んでくる輩、
人の流れの中にスペースが無いのに斜めに突っ込んでくる輩、
狭い通路で対面から人が来てるから通れるスペースは無いのに下を見たまま突っ込んでくる輩、
色々居る。
この人たちの困るところは、ぶつかりそうな相手を見ない事だ。どっちに動くか見当が付かないから、どっちに避けるべきか解らない。まあ、別に避けなくてもこちらは怪我しないだろうが、下手に怪我でもされて訴えられても鬱陶しいから避けようとするのだが、足の運びまで見て避けるのに態々避けた方にぶつかってくる。もしくは、避けるスペースが無いから止まるとそこにぶつかってくる。どうしろって言うんだよ!
お互いぶつかると気分悪いし、どちらかが全面的に避けるのも業腹なんだろう?
だったら、お互い半分ずつ避けようぜ。
船舶の衝突防止の約束事は、「互いに相手船の左げん側(船の左側)を通過する」だったと思うけど、道交法の左側通行とも馴染みが良いし、多分左に避ける方が正しいだろう。
お互い自身が左に半分避けようぜ!

| | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

そんなに具合が悪く見えたかな ?

職場の仲間と飲んで池袋から電車に乗ったら、やたらと空気が乾燥しているのと何だか防虫剤のような臭いがして、慌ててミントタブで誤魔化そうとしたけど間に合わずに咳が出始めてしまった。しまったマスクを持っていなかった。ハンカチで押さえて何とか咳を収めたけど、外すとまた咳が出る。ダメだこりゃ。 乗ってすぐに斜め一つ脇の座席にブラウンのニットを素敵に着こなし、細かいところにまで気が配られていて、清潔感のある素敵な女性だだなと思った女性がこっちを見ていた。24歳くらいだろうか? 何故特異的に24歳? いや、まあ、何となくそう思った。 咳をしていたので、変な感染症だと嫌だな、と思われたかな?と思っていたが、石神井公園で止まった時に声を掛けて来た。”この席をどうぞ”と言う。 ”ああ、いや、大丈夫です。空気が乾燥してるとか変な臭いがすると咳が出ちゃうんですよ。だから平気。ありがとう。”と答えた。 ひばりヶ丘で彼女が降りる時に、”さっきはお気遣い有難う御座いました。”と言ったら、にこやかに会釈しながら降りて行った。 世の中捨てたもんじゃない。でも、そんなに具合が悪く見えたかな? 前日、休日出勤で朝から夕方まで多分今年一番重要な仕事をして、今日は朝からはとバスの猿島ツアーに付き合わされ、丸の内のベルギービールの店で一杯ひっかけて来た帰りだったので余程疲れた顔をしていたんだろうな。

| | トラックバック (0)

報われない想いは、人を横柄にさせる?

街中の60~70代の振る舞いを見ていて、気になることがある。
回りに気を使わない。
明らかに他の人の邪魔になっているのに避けようともしない。
場合によっては、ワザとらしく横柄に向かってくる。
ほとんどクレーマーのような切れたしゃべり方をする。
人の話を聞かない。
人の話に割り込んで自分の言いたいことだけを言う。
自分のしたことだけをこれ見よがしに自慢する。
道に平気で物を捨てる。
生活道路なのに、歩行者にがんがんクラクションを鳴らす。
歩道に乗り上げているのに、歩行者が来ても下がらない。
一体どうしたことだろうか?
彼らは、社会の規範になるべき人達だろう?
僕が子供の頃には、こう言った大人達は極少数派だった。
比較的共通的な外見的特徴は、身なりがしっかりしていない事だろうか?
着ている物の話しでは無くて、身だしなみがしっかりしていない。
行動規範の動機は、こんなことをしては恥ずかしい、と言う気持ちだろう。
世間様にとか、誰に対して、とか言う訳ではなく、漠然と恥ずかしい行為として僕は認識している。
先に書いたような事は、少なくとも僕には恥ずかしいから出来ない。
どうしてこんな人達が増えてしまったのだろうか?
世の中は因果応報ではない。
近年の日本は、ワーキングプアなんて言葉が当たり前のように語られる。
大震災の中、平気で数十億円の政党交付金の申請をするような人達が、国会で派閥争いに興じている。
子供手当てのような国の借金を増やすだけのような人気取りの政策をこの期に及んでまだ続けようとしている。
世界的な金融緩和の影響でお金が溢れ、インフレは目の前に迫っている。
年金は風前の灯。
特に定年を迎えた人達にとって、この先の生活は不安で一杯だろう?
概ね人は絶望したときに、形振り構わぬ行動をする。
こんなにやってきたのに、何で何時も自分ばかり。
今までこれだけやってきたのだから、少しぐらい公徳心に欠けても良いだろう。
これまで私は何時も我慢してきたのだから今度はお前が我慢しろ。
クラクション鳴らされまくると気分悪いだろう?ほら、どうだ!
ほら、俺は今ごみを捨てたぜ、注意できるもんだったらして見ろよ!
彼らの不機嫌そうな顔や得意げな顔からは、こんな言葉が聞こえてきそうに思える。
ちょうどこの世代は、団塊の世代と言われるような人達と、現役の頃、彼らに追い回されてきたひとつ上の年代だろうか。彼らの世代が高度経済成長を支えたパワーの源であるし、彼らの社会貢献度は十分評価されてしかるべきだとは思う。でも、だからと言って、何をしても良い訳ではない。
彼らは現役の時に激しい競争の中に居た。そして、昨今の政治が勝ち組と負け組の貧富の差を大きくした。
勝ち組が人より頑張ったとか社会貢献度が高かったとか、負け組が頑張らなかったとか社会貢献度が低かったとか言うのではなく、ちょっとした差を政治が大きくしてしまっただけなのだろう?
報われない想いは、人を横柄にさせる。保身や利害は、モラルを奪う。
スケープゴートが出来ると一気に潰しに行く。まるで村八分だ。
自己責任であるはずの行為を公共に押し付ける。義務は権利の対価だぜ。
それらは、自分がやられたら嫌な事だよね?
我々人生の後半戦組は、前半戦組に住みやすい社会を残す義務があると思うんだけどなあ。
ちょうど親が子供に財産を残すようにさ。

| | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »