« 将来どんな人間になりたいか? | トップページ | 中国モデル2.0 »

2017年11月27日 (月)

責める文化

多分責任逃れの裏返しなんだろうな?と思うけど、誰でも責任を取らされる=職を追われる事になるから、責任は取りたくないだろうね?
人がすること故に間違いは付き物だけど、自己責任を無視した訴追が成立すれば、誰でも責任逃れに走るだろう?
食品全部に「多分食べても大丈夫だけど、保証できないから、買って食べるかどうかは自己責任でどうぞ。買っても食べられないと思ったら、自己責任で捨てて下さい。作る時に使った材料はこれです。成分はこれです。製造工程はISO9001を取った工場で、こうやって作っています。」なんて事を書けば良いんだ。昔はそんなもんだったけど、PL法が出来て、製造者の責任を問うようになってから近年常軌を逸している。
何か製品に不都合があった場合、製造元と消費者保護センターに問い合わせるなら正しい対応だと思うけど、いきなり事実関係も証明できない写真をSNSに載せるのは威力業務妨害以外の何ものでもない。事実関係が怪しい画像を載せた場合、刑事訴追してやればいいんだ。
今時合成写真なんか簡単なんだから、SNSに載っている写真なんか証拠能力も怪しい。僕はSNSにそう言う目的にアップされている画像を信用しないけど、それを見て簡単に信じる利用者にも問題あるよね。そもそも直ぐに信じる奴が居るから、怪しい写真を載せたがる奴が現れるんだからさ。
かなり脱線してるけど、何か起こった時、誰かを責めてもそれで解決する訳ではない。
何で起こったのか原因を追及して改善を図らないと何度でも繰り返す。だから、製造元に情報提供して改善を図って貰うのが正しい姿であり、製造業自体の発展にも寄与するだろうなと思う。
でも、駄目な会社の場合は、情報提供された製造元の中間管理職は管理義務怠慢を隠すために封印したりする。出来る会社の場合には、原因、改善措置を記した感謝状と製造元で作っている食品詰め合わせなんかを送ってくる。
駄目な会社では、SNSで炎上してから責任逃れを繰り返し、新聞沙汰になって記者会見で社長が下げたくない頭を下げる。
出来る会社では、SNSに載っていることが解った時点で正確な情報を発信してユーザの理解を得る。覚えているところでは、チロルチョコレートの対応なんか素晴らしかった。
まあ、結局、仕事の目的に対してのサボりなんだな。
間違いが起こらないような対処で確率を小さくする努力、炎上する前にリサーチする努力、直ぐに情報を確認する努力、適切な対処をする努力、色々あるけど、そのどれをもちゃんとやらないから炎上して責任を問われる事態になる。自分の不始末は、とりもなおさずサボりだし、それを誰かに押し付けて逃げようとするのもサボりだよね。それってカッコ 悪いよね。
中々言いたいことに話を収束できないけど、人を責めている姿は自分のサボりをアピールしているようでカッコ悪いよね。
間違いを許容しない社会では、間違いから学べない。間違えた事も無く学んでこなかったから大きな間違いを犯しその対応も間違える。そうりゃそうだ、間違えたことが無いのだから対応出来る訳がない。
無闇な競争社会では、人の間違いを騒ぎ立てて蹴落とすような事を考える奴が必ず出て来る。そう、モラルの無い奴がね。それも、出来ない奴に限ってそう言う事が好物だよね。
人生は全て学びの中にあると思う。自分たちが子供の時には失敗を恐れるなとか教わっていたように思うけど、責められるのを怖がっていては人生を学べない。一体どこでそんな間違いになってしまうんだろうか?

|

« 将来どんな人間になりたいか? | トップページ | 中国モデル2.0 »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361156/72264912

この記事へのトラックバック一覧です: 責める文化:

« 将来どんな人間になりたいか? | トップページ | 中国モデル2.0 »