« 2018年7月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月24日 (土)

「兵站(へいたん)線が伸び切っている」――。

トヨタが急速に世界展開と車種拡大を進めた2005年ごろから、同社の経営陣がよく口にしていた表現だ。成長スピードに人や組織が追いついていなかった状態を意味する。トヨタは09年から10年にかけて品質問題に揺れ、世界規模のリコールや自主回収により、延べ1000万台もの改修を余儀なくされた。
Reuters ビジネス2018年11月5日 / 08:43
焦点:スバルに「トヨタの轍」、新たなリコールに米国リスクも
https://jp.reuters.com/article/subaru-idJPKCN1N90Q8
戦争の時に前線を急拡大すると補給路が伸びてしまう⇒補給路が狙われやすい⇒前線に物資が届かず戦闘を続けられなくなると言うような状況を言っていたと思います。太平洋戦争の東南アジアでもヨーロッパ戦線でもアフリカ戦線でもそう言う事があったと書かれているのを読んだ記憶があります。
日本に住んでいるともう戦争で起こるのを体験することは無いかも知れませんが、スバルの件は他人事ではありません。会社の中にいると「仕事に対する責任の甘さ」で感じるかも知れません。「元々体制としてちゃんとやられる仕組みが出来ているだから、自分がここでちゃんと確認しなくても誰かが確認して問題は無くなるだろう?ちょっとくらい自分が手を抜いても大丈夫だろう?」なんて言い訳も聞いたことがあります。設計に関する甘さは致し方ない部分が多いですが、検査の手抜き、データ改ざんとかは仕事に対する甘さ以外に説明が付きません。製造上起こり得る不具合の確立を考えて検査を組んでいるのに、実際に検査する人たちはそんな知識は無いのでしょう。だから根拠もないのに大丈夫だろうと手を抜く。
結局、技術は進歩したけれども、人は進歩に付いていけていないだ。付いていけない人たちは、ちゃんとやらない、が波及する形で、技術の理解、製造の重要さの理解とかも手を抜いている。
最近、こういう目に遭ったばかりで、凄くがっかりした事があって、この記事には共感一入でした。

| | トラックバック (0)

弁護士ってお金になるなら何でもやる?

東名あおり事故の被告側、無罪主張へ 危険運転と監禁
日経新聞電子版 2018/11/7 10:01
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37461180X01C18A1CC0000/
と言う記事が載っていました。
この事件、訴状では「石橋被告は17年6月5日夜、事故現場直前のパーキングエリアで静岡市の萩山嘉久さん(当時45)から駐車方法を注意されたことに逆上。走行中の萩山さん一家のワゴン車に妨害行為を繰り返して追い越し車線上で停止させ、大型トラックによる追突で、萩山さんと妻の友香さん(当時39)を死亡させ、同乗の娘2人にけがをさせたとしている。」となっているそうですが、減刑でも主張するのかと思いきや無罪主張ですか?
特別な事実誤認が無い限り、事実として、高速の追い越し車線に停止させ2人を死なせている訳ですから、無罪は無いだろうね?追突したトラックが悪い?高速の追い越し車線だぜ。
昔、拙い運転を注意した人が刺されて死亡した事件の後に、酷い運転でも注意する人が居なくなったけれども、仮に危険運転致死、監禁共に事実認定され有罪になっても、今回も注意する人が居なくなるような事態になるだろう。これでもし無罪にでもしてしまったら、やりたい放題になる。その時、社会的責任をこの弁護人はどう考えるのだろう?

| | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

歩行者優先?

多摩湖自転車歩道に以前看板が立っていて、「2012年2月11日 (土)自転車道に歩行者優先の看板はまずいんじゃない?」と言う記事で「もしかして事の本質が見えていないのでは?」と書いたけれど、そう言えばいつの間にか無くなっていて、代わりに路面に「歩行者優先」と書かれていた。何で無くなったのかは解りません。強風に煽られて危なかったのかも知れませんね。それとも誰かがクレームでも入れたんでしょうかね?

Ca3c0951vga

Img_0738vga

もう29年もこの道をトレーニングで使っているけれど、「弱虫ペダル」に影響かすごく自転車が増えました。それと同時にジョギングをする人も散策する人も増えました。人が増えると必ず起こるのがマナーの悪い人が沢山出てくると言った事だと思いますが、この「歩行者優先」ってペイント、どうしてもマナーの悪さを助長しているようにしか見えません。
軽車両である自転車を歩道に上げたのがそもそも間違いで、歩道に「歩行者優先」って標識を立てたのが最初でしょうか?歩行者と自転車の混合通行だから歩行者優先ですかね?
以前「自転車はどこを走ればいい?」って記事でも書きましたが、自転車に対する自動車ドライバーの無神経さには正直呆れます。引っ掛けて怪我をさせた場合、自分がどうなるのか知らないんでしょうかね?まあ、毎日のように轢き逃げの記事を目にしますので、ドライバーのモラルなんか無いのかも知れませんが、僕は対面通行の道を自転車で走る気になれません。
脱線しましたが、「優先」と言う言葉は、広辞苑では、「優遇して先にすること。」なんて書いてありますが、多摩湖自転車歩道で「歩行者優先」で何が問題かと言うと、マナーの悪い連中がそれを理由にするからです。
大人数でワイワイ歩く、ヘッドホンを付けて周りを気にせず歩く、30歳前後に多いけど、カップルでジョギングに来て、格好だけは本格的だけど並んで走り、車線を無視し、周りも見ずにいきなり動く、車線を大きくふさいでベタベタしてて自転車が来ても避けようともしない、センターライン上をふらふら歩く、どっちに動くか解らないからこれが一番危ない、センターライン上をヘッドホンして走っているのはもっと性質が悪い。
「危ない」と注意をしても「何で?」って顔、場合によっては、「ここは歩行者優先だぞ!」って後ろの方で怒鳴ってる。
勿論、マナーの良い人も沢山居ます。
勿論、自転車にもマナーの悪い人が沢山居ます。後ろから見ていて危ないし、あれじゃクレームを言われるだろう?と思いますが、後ろから見ていて危ない状況は、歩行者のマナーの悪さが原因である場合が多いのです。センターライン付近や周りも見ずにいきなり動くから危ない状況が出来ます。車は急には止まれません。かなりスピードを落としていても、急に動かれると避けれない。酷いと止まったところにぶつかって来る。ブレーキングの凄い音がしてるのに、ヘッドホンしているから聞こえないんでしょうね?一度やられたことが有りますが、ぶつかってきておいて「何でそんなとこに居るだ!?」バリなんですよね。ごめんなさいでもない。正直呆れました。
マナーは本来親が教える、もしくは社会の中で身に着けるものですが、親自身がダメななら教えないだろうし、小さなコミュテイの中でしか会話しない若者には身に付く術も無いし、会社に入ってもパワハラ問題で注意をする上司は少なくなったし、小学校ではモンスターペアレントが道徳教育を妨げているし、何か良いアイデアは無いですかね?
それにしても、これ、「歩行者保護」だとしっくりするんですけどねえ・・・

| | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年12月 »