« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月14日 (土)

煽り運転の報道を見て思う

煽った挙句に追い越し車線に止めさせて人を死なせるとか、高速の車線に止めさせて殴るなどは、その危険度を考えて論外だが、それ以外の煽り運転報道を見ていると、何故煽り運転に繋がったのかを論じている報道は見ない。
最近バイクで高速を走っていると、走行車線と殆ど変わらないような速度で延々追い越し車線を走っている車をやたらと目にする。走行車線が開いても追い越し車線を開けない。後ろから来る車は左に避けて走行車線から抜くしかない。
追い越し車線を延々走るのは、そもそも違反でしたよね?
3車線道路では、中央車線と追い越し車線だけ混んでいて、左車線が開いている状態なのも沢山見かけます。と言うか、殆どそういう状態です。左車線だからと言って70kmとかで走る車が居ると、中央車線に入らなくてはいけないけれども、中央車線は混んでいて簡単には入れない。だから中央車線を走る。同じような理由で追い越し車線を走るのかも知れないけれども、それは違反だよね。
要するに流れを乱す人が居て、それ故にそれを避けるような行為が必要になる。それが常態化して、こんな事になっているのではないだろうか?だからと言って違反行為が正当化させれる訳ではなく、追い越し車線を延々走るのは違反です。
多分、走行車線を走る時は自動運転とかにすれば、流れを乱すことにはならないんだろうね。
腹が立ったからといってやって良い訳では無いけれども、煽られるような運転をしている人達が、全く話題にならないのは異常だと思う。

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »