パソコン・インターネット

2013年6月 8日 (土)

WindowsRTは僕には向かない

Ca3c1255vga

Microsoft Surface RTを買ってみた。
Surface Proが出て値段が下がったから買ってみたのだが、このOSが僕にはカスのようなものだった。

これじゃでかいスマホだぜ!

だから、Surface Proが出たのかも知れないけど、僕のようなTabletで使い慣れたApplication softwareを使いたい人にはSurface RTは全く向かない。何せMicrosoft Storeに載っているApplication software以外のInstallを認めていないのだから。

Touch機能のあるUltra Bookを買ったほうが良かった。

このでかいスマホ、どう使おうかな?
自分で書く時間は無いので、誰かWindowsXPエミュレータを書かないかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

マイクロソフトの余計なお世話

メーラにOutLook Expressを使っているのですが、メールが一杯になると必ず「解ってるから、ほっとけよ!」と思うメッセージが毎回出ます。

Photo

しかも、次から出ないように出来ない。(怒)

メールの整理は自分でやるので、「どういう仕様で動くか解らないような削除ツールに任せるわけは無いだろ?」と思うのですが、サポートセンターに見に行ってもサポートはもう終ってますとか書いてあるし、ツール/オプション/メンテナンスのところにもそれらしい項目はないし、「誰だよ、こんな不完全な癖に横柄なソフトを作る奴は!」とイライラしながら、毎回キャンセルを押します。

OutLookは、さらに余計なお世話なアプリケーションだし、Netscape messengerが懐かしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

PCに向かうのが嫌になるのは珍しい

もう後10日もすれば新しいシステムが立ち上がって?この作業から開放されるだろうか?
職場でもずっとPC(どちらかと言うとWSだろうか?)に向かい、家に帰ってもずっとPCに向かう生活に辟易してきた。

僕にとってのPCは、知識の玉手箱であり、実験場でもあり、思考を深める場所でもある。当然コミュニケーションの道具でもある。だから、PCに向かうことが苦になることは珍しい。

後5日で職場全体に配る運用変更点を纏めなければならないが、導入に向けた仕様の調整も大詰めだがまだ終っていない。もう、うんざり・・・
仕方無くPCの電源を入れても、Keyboardに触りたくもない。重傷だな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

起動を待つと言う行為を忘れそうだ

Ca3c0438xga

次男に買ってあげたStudio XPS 8100 Core i7, Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビットが来ました。

まあ、いろんなものが速いのですが、

「アプリケーションが立ち上がるのを待つ」

と言う行為を忘れてしまいそうです。

重いExcel2007が一瞬で立ち上がります。

2万行あるファイルの14桁の掛け算の再計算もクリックした途端に終ってました。

Internet Explorerの画面をctl-nで連続で開いて見ましたが、ctl-nを押している間中延々殆ど一瞬で開いてゆきます。

それでもパフォーマンスモニターを見ていてると8画面あるCPU使用率モニターはスパイクノイズのような低いピークが立った位でした。(あんまり、よく見えないだけでしたが・・・)

何だかなあ~。

モニタも23インチで1980*1048とかで夢のように広いし・・・・・

高校一年生の勉強机がこの始末です。

机の上に教科書の1冊もね~じゃね~か?

ああ、因みに、梱包で送られてきたPCは、全部彼にやらせました。

初期設定、ネットワーク設定から、メーラーの設定まで、口は出すけど手は出さない。

まあ、暫くは唯の無駄な投資になりそうな感じです。

ねえ、僕のと交換しないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

PCを買う

と言っても自分のじゃありませんよ、次男のです。
高校生になったら買ってやるよ、と言っていたのに10ヶ月過ぎてしまいました。
いや、VISTA最悪だし、Windows 7が出たらね、とのびのびになってました。
でも、待った甲斐?があってこのスペックです。すげ~♪
これで14万で買えちゃうんだからなあ・・・
お陰で財布はスッカラカンですわ。(笑)

100

軽音楽部でベースをやっている次男は、どうせ持ち歩かないからと言ってデスクトップを選択しました。ノートっだったら東芝Dynabookでしたかね?
こんなスペックのPCを一体何に使うんだろ?と思いつつも、”安いので良いよ”と言う次男を前に、”今買うなら、i7だろう”とか、”これからのOSは64bitだぜ”とか、”メモリは最低でも4GByteは要るよ”とか、言いながらこんなスペックにカスタマイズしちゃったのは、僕なんですがね。(笑)
嘘みたいに速いんだろうな♪
来るのが楽しみ♪

Studio XPS 8100 価格.com 限定Core i5パッケージ - Studio XPS 8100, Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビット
  -- ネットワークコントローラ:
  -- Studio XPS 8100
  -- CPU:
  -- インテル(R) Core(TM) i7-860 プロセッサー (2.80GHz, 8MB L3 キャッシュ)
  -- デル製キーボード+マウス:
  -- デル USBマルチメディア日本語キーボード (ブラック&ホワイト) & レーザーマウス (ブラック)
  -- メモリ:
  -- 4GB (2GBx2) デュアルチャネル DDR3-1333 SDRAM メモリ
  -- グラフィック  :
  -- NVIDIA(R) GeForce(R) GT 220 1024MB (DVI/HDMI/VGA付)
  -- ハードディスク:
  -- 500GB SATA HDD (7200回転)
  -- OS:
  -- Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビット
  -- 光学ドライブ:
  -- DVDスーパーマルチドライブ (Roxio(R) Easy CD & DVD Burning 10 DE 付属)
  -- オンラインパッケージ:
  -- Studio XPS 8100 オンラインパッケージ(PDOL5932)
  -- モニタ:
  -- 【スヒ゜ーカ内蔵】三菱製23インチワイト゛TFT液晶モニタ(フ゛ラック)RDT231WLM(BK)  (3年保証)(A2823729)(XXX0267M)<br><font color=blue>PCと同時購入に限り、10%OFF!</font><br><font color=#FF5511>この製品は、通常納期+3週間前後でのお届け予定です。</font>
  -- オフィスソフト:
  -- Microsoft(R) Office Personal 2007
  -- 保証プラン:
  -- 標準 - 1年保守 [出張対応による修理]
  -- デルデータセーフオンライン:
  -- Dell DataSafe(TM) Online 2GB 1年間
  -- Misc 6:
  -- PCリサイクルマークシール あり
小計: \129,991
配送料: \5,000
配送料割引: -\3,500消費税: \6,574
合計金額: \138,065

Dell XPS 8900 デスクトップ スタンダードグラフィック Office付(即納モデル モニタなし)

価格:125,980円
(2016/4/1 00:51時点)
感想(0件)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

やっとTVが見れるようになりました♪

何のエラーで動かないのか不明なまま(何せエラーの理由が一切出ないので・・・)、ASUSのグラフィックボードのATiのGraphic Controlをバージョンアップしてみました。(特に確信の無いまま状況から察して、ASUSのドライバと問題を起こしているような気がしたのです。まあ、これで駄目ならSound Driverを探しに行ったでしょうがね。デバイスマネージャを細かく見てLogも見ましたが、問題を起こしているデバイスはありませんでした。)

ASUSのサイトに行ってati865_winXp.zipでバージョンをちょっとだけ上げてみました。

そうしたら、何のエラーも出さずにすんなり起動できました。

チャンネルも設定できて、今TVを見ながら書いています♪

って、TVが見れるから嬉しい訳ではなくて、腹立たしいのが改善されたから嬉しいのです。

やれやれ、やっと投資が報われました。(ふ~っ)

追記 : その後、Gigabyteのサイトに行って、motherboard_driver_audio_realtek_whql.exeも拾ってきてSound controlもバージョンアップしました。居間にあるビデオサーバには、音声の方にもダビング防止用の制御が入っていたので、これも対応しました。幸いRealTekのチップは、新しいドライバーだけで対応可能でした。

これで、居間のビデオサーバに保存されているビデオが見れるようになりました。

テレビ王国の番組表を使ってiPEGでも録画予約が可能になりました。

「仁」を予約しておきましたので、夜になれば結果が解るでしょう。

(でも録画先の電源の事を聞いて来なかったけど、PCを自動で起動できるとも思えないし、ちゃんと録画されるのか、ちょっと心配・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

結局グラフィックカードを買いました

先日のお馬鹿な買い物の付けと言いますか、グラフィックカードを買ってしまいました。
Ca3c0412vga

物は、ASUS AH3450で当然HDCP対応です、と言うか、HDCP対応で一番安かったのがこのモデルです。
今頃か?のAGP8Xが泣けますが、HDCP対応でD-sub、DVI、HDMIポートが付いて、FullHD1080P、グラフィックメモリは僕には驚きの512MByteです。
何だか大そうなファンが付いていて、グラフィックカードに別途電源が必要だったりと速そうな予感だけはします。
価格comでAmazonが6,561円で一番安かったので、当然のWeb shoppingです。4日で届きました。

Ca3c0413vga

Diamondcrysta RDT192WMは、D-subとDVIしか付いてないので、当然DVIで繋ぎます。

Driverを組み込んで再起動すると、まあ、驚きのスピードと言うほどでもなくグラフィックがさくさく動きます。HiVisionのビデオ、誰かが買って来たビデオを再生すると、こま落ちとかのレベルでなく全然まともに動かなかったビデオがさくっと再生されます。ゲームとかやるとてき面なんだろうな?

しかし、肝心のTVチューナーソフトがエラーで起動しません。どうも、Bで始まる3rdパーティの製品は、昔からエラー処理がちゃんと書かれてなくて、まともに動きません。買うときに嫌な予感はしてたのですが、もう十分有名なメーカになったのだから大丈夫だろう?と思っていましたが、やっぱり駄目でした。エラーで申し訳ありません、とか出す余裕があったら、何のエラーか位出さんかい!とか怒ってしまいました。
もう10年ほどここの製品は買っていませんでしたが、また、暫く買わないことになりそうです。

で、かなりの出費を強いられましたが、結局テレビは見れずじまい。
何をやってるんでしょうね?(泣ける)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

何をやっているのやら?

先日自宅のPCのHard Diskがクラッシュしました。
今日までKnoppix Linuxで何とか凌いでいましたが、昨日買ってきてあったHard DiskにWindows2000をInstallしようとしたのですが、これが上手く行かない。

Mother Boardは、もう古いのですがぎりぎりSerialATAが使えます。でもライセンスを持っているOSはWindows2000しか残っていません。自宅には、Windows XP、Vista、他、NT4.0、me、98、95、3.01、3.0、2.0、OS2、BeOS、Solaris7と8、を1ライセンスづつ、それから2000が2ライセンス、それから山のようなLinuxのデストリブーションがあります。SerialATAはWindowsXP以上でないと認識しません。

しょうがないのでATAのDiskを買うことにしました。でも、店に行ったら、もう殆どATAなんか売っていません。やっと見つけたATAのDiskは、80GByteと500GByteで値段は2,500円しか違いません。”この値段差なら普通500GByteを買うよね~♪”とか言いながら、500GByteを買って来ました。

でも、どうやってもWidows2000のInstallerでサイズを認識できません。FormatしてInstall出来てもNTDetect.comがエラーになってBootしません。WindowsXPで認識できそうなサイズにスライスを切ってからInstallerを動かしても「破損」を言ってきます。考えてみたら、セクタサイズがぜんぜん違うんだから当たり前なんですがね・・・

諦めてWindowsXPのパッケージを買いに行きました。もうWindwos2000のサポートも終わるし、潮時かな?と思いました。
2箇所ほど探して、OEM版のWindowsXPを見つけました。
”何故Windows7にしないか?”って、Pentium4でDDR400のメモリが1GByteのシステムではWindows7は無理でしょ?i7とかで組みなおすとWindows7のライセンスと併せて8万円くらい掛かります。
結局、ハード込みで無いと売ってもらえないので、”買っても良いな♪”と思っていた地デジチューナーカードとセットでWindowsXP Homeを買ってきました。

で、いともあっさりとInstall終了です。やれやれ・・・

で、一緒に買ってきた地デジチューナーカードを組むことにしました。
Mother Boardに挿して、ドライバーとアプリケーションをInstallして、これもあっさり起動です。
でも、表示しようとすると、”モニターの構成に問題があるため、表示を中止します”と出ます。
”ああ、そうか最近違法コピー対策で何か煩い規格があったな?”と思って調べたら、
「・DVI(デジタル)接続で視聴するには、使用しているディスプレイ・グラフィックがHDCPに対応していること
・アナログRGB接続で視聴するには、使用しているグラフィックがCOPPに対応していること」
なんて条件がありました。

Graphic Driverを新しいのにすると、解決される場合があると書いてあったので、Intelのサイトに行って、865G Graphic Contollerの新しいDriverを拾って来てInstallしました。でもやはり駄目です。

こうなると、地デジチューナーカードを生かすためには、Graphic Cardを新しいものにしなければなりません。

やれやれ、最初から80GByteのATAを買ってくれば、すごく安くシステムを再構築できたのに・・・
何をやってるんだかなあ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

またクラッシュしちゃった

やっぱり、一度ClushしたHardDiskをRecoveryしてFormatしなおしてもやっぱり駄目なようですね?
もう、やってられないので、新しいHardDiskを買うことにします。

Windowsって、Master Boot RecordにいちどNTDを書き込んでしまうと、Install Diskすら受け付けなくなるのは厄介ですね。LinuxでSliceをきり直して一度LiloをMBRに書き込んでやらないと、認識してくれません。信じられない!

あ、ちなみにこれはKnoppixで書いています。
仕事でMicrosoft Officeを使わなければ、自宅のPCは、WIndowsである必要もないので、止めちゃおうかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

KNOPPIXで十分だな

どうもMS-windows2000は、壊れたファイルだけの修復は効かないようですね?HD内のデータを残したままinstallのし直しをしてみませんが、bootしません。(MBRの書き換えはどうやったかな?忘れました。)
250GByteのHDを全部backupできる容量を外づけのHDで持ち合わせていませんし、何だか面倒になって来てしまったので、このままKNOPPIXにしてしましいましょうか?
現在、Wineがうまく動かないので、それを解決してしまえば、全然不自由しません。

何だか、このままズルズルとPCの修復が遅くなりそうです。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)