ギター

2010年4月30日 (金)

須釜俊一さんの新しいアルバム

暫く覗いて居なかった須釜俊一さんページに新しい曲がリリースされていました。

http://www.sugama-piano.com/piano/cc/

新しい曲はmidiでdownloadは出来ませんが、CyberCREAというピアノサロンにupされていて聴くことが出来ました。ちょっと弾む感じの明るい曲が多いですね。12か月分順に自動演奏されるようにFlash Playerが組まれていて、BGMに最適です。僕にはですが・・・

今日は、もう2年経ちました。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

家に5本目のギターが来た

1e05bfc1a96d4b1194cc60c16d6c487e_12

長男が大学でフォークソングクラブに入ったらしく、フォークギターが欲しいと言うので買いに行って来ました。モデルは、YAMAHA FG720BSでソフトケース付きで32,000円でした。定価はギターだけで35,000くらいの筈だけど、サービスですかね?まあ、最初だから、こんなもんでしょ?もっと良いギターが欲しくなったら自分で買うだろ。

流石YAMAHA、こんな値段なのに物凄く仕上げが美しい。僕の手工ギターの仕上げの雑さとは、偉い違いです。値段は桁が違うのに、何か許しがたいなあ・・・

僕のクラッシックギターが2本、嫁さんが独身の時にどこぞで手に入れてきたYAMAHAのクラッシックギターが1本、次男のエレキベースが1本、それからこれです。次男が軽音楽部の先輩から借りてきている5弦のエレキベースを含めると家に6本もギターがある。いやはや・・・どこぞの音楽家の家みたいになってきたぞ。(なんだろ?)次男の部屋に入ると、アンプだのエコライザーだのごろごろ転がってる。高校に何しに行ってるやら・・・

防音仕様のこの部屋に居ても両サイドからギターを引く音が聞こえる。近所迷惑じゃないかしらん、と思って外へ出て見ると、外には音が漏れていない様子で一安心。

にしても、煩いなあ・・・

写真は、YAMAHAのサイトから借りてきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

関節痛と硫酸コンドロイチン

「やっぱり指は駄目かなあ?」
http://noraneko-furo.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_cbbe.html
「技術の左手」
http://noraneko-furo.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d01e.html
と言う記事で、左手の小指のDIP関節に痛みが出てしまい、ギターを弾けなくなっている話を書きました。
住んでいるところの近くの病院に、”音楽家の指”と言う本を書いている指で有名な整形外科の先生(実は防衛医科大学校病院の整形外科教授 根本孝一先生ですが・・・)に”固定で失うものはない!”と言われ、固定具を自作し2年ほど固定していました。

最初の半年は、テープで固定だけしていました。でも、変形が進んできているようですし、痛みも全く変わりません。骨は一度変形してしまうと元に戻ることはありませんので、せめて変形だけでも止めようと固定具を自作しました。装具屋さんに作って貰ったのは、装着感、取り外し、指の動作、どれを取っても今一だったのです。”どんな固定具を作ったのかって?”指を真直ぐ固定でき、脱着が簡単に出来る、一箇所止めておけばギターも何とかなる、ような物です。写真は・・・根元先生に自作した固定具の写真を撮られてしまったので、確認を取らないと載せては不味い気がします。(自分で考案したのに・・・)

1年経って変形は止まりましたが、痛みは取れません。整形外科の手術、例えば、THR(Total Hip Joint Replacement)やTKR(Total Knee Joint Replacement)等の手術後、患者さん達が自前で硫酸コンドロイチンやグルコサミンを飲んでいます。(エビデンスが無いですし、保健薬でも無いので普通お医者さんは出してくれないでしょうね?)Bil THRやBil TKRの方々が、もう一方の時よりも回復が早いと言うのです。彼女達は、その殆どがリウマチに起因する変形性関節症でしょうから、通常は後から手術した方が回復は悪いと思われます。でも、硫酸コンドロイチンやグルコサミンを飲むことで回復が早くなっている考えられなくもありません。(僕は整形外科医でもありませんし、統計を取っているわけではありませんので、飽くまで感想です。)ならば、自分の軟骨消失したDIP関節にも効きはしないか?と飲み始めてみました。このまま行くとギターが弾けなくなってしまいます。”駄目元”って奴でした。

かれこれ飲み始めて1年になります。現在、変形も収まって固定しない状態で指を曲げても、関節がずれてしまったりしません。グリッサンドでは痛みが出ますがポルタメントでは平気です。何とか一曲くらいは固定無しで弾けるようになりました。

さて、n=1ですので有意差の話は無意味ですが、有意差を感じる程切羽詰っている方は、「硫酸コンドロイチンやグルコサミンを飲みながらきちっと固定する」を試してみては如何でしょうか?

飽くまで「駄目元」でお願いしますね。決して僕に責任転嫁しないで下さいね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

ピアニスト・作曲家の須釜俊一

最近、紹介物ばかりで、いよいよネタ切れかとも思えますが、そのまま公開できないような記事はまだ沢山ありますよ。ゆっくり編集している暇が無いんですよ。(言い訳)
それにギターカテゴリなのに、ギターの話がちっとも出てきません。まあ、音楽全般と言う事で多めに見てください。

彼の現在のページは以下のリンクにあります。
http://www.sugama-piano.com/

CDデビューもしていますので割と有名な人だろうと思いますが、僕のPCのHDのmidi fileのheaderを見ると1998年の夏でした。ちょうど、彼がFisrt Albumを出した頃でしょうか?
度々見に行っていた頃、最初に見つけたときには公開されていなかった[組曲 人魚」が公開されたを覚えてますので、多分、間違いないでしょう。

彼は、音大出ではなく早稲田大学経済学部出のピアニストで、変わってるよね?きっと。現在もmidi fileの公開をしてくれているようで、新曲があったので貰って来ました。(CD出してるんだから、貰って来ないでCD買えよ!)
現在は英国に住んでいるようですね。

彼が作る曲の雰囲気は、AIさんと通じるところがあると思え、当時の僕に届く音楽でした。(今でもですが・・・)
実際に彼は、AIさんの月夜のピアノなどの曲をカバーしています。沢山好きな曲がありますが、「恋詩」や「LOVE IS」、[明日」が一番聴いているように思います。AIさんの曲同様に10年ですから、4桁に近い3桁は聴いてるだろうな?と思います。クラビノーバでも練習しましたが、自分の演奏は悲しくなるので、少なくとも今は聴くだけです。(大体、難しくて碌に音も拾えません。)
彼の演奏は、編集が既にテクニック的に飛んでもなく難しくて、聴いただけで、楽譜にしただけで手を出す気も失せますが、聴く分には、クラビノーバに演奏させて鍵盤を光で追わせるだけでも美しい音色を奏でくれます。

へえ~と思える方は、リンクを辿ってみてください。
きっと、損をすることは無いと思います。

| | コメント (2)

2008年9月16日 (火)

moclin's midi data collection

http://www.kt.rim.or.jp/~moclin/
このピアニストも1999年から知っています。
モクリンさんが演奏するクラッシック曲も素晴らしい演奏ですが、彼のオリジナル曲も素晴らく叙情性の高い楽曲を見せています。

ギターと関係無いだろ?と言われそうですが、小さい頃からピアノが傍にあるのに碌に弾くことが出来なかった僕には、ピアノコンプレックスのようなものがあります。上の兄弟がピアノ教室に通わされていたのに、彼らが続けられなかったばかりに”どうせお前も続かないだろう?”と通わせてもらえなかった、なんて不味い思い出もあります。
ギターは、歌わせられなくてもテクニック的には暫らく練習すればどうにかなったのとは異なり、ピアノは何故か上手く鍵盤を叩けません。左手がどうしても押えにいってしまう。フォルテにならなかったり、強弱が出なかったり、まるでピアノが歌いません。まあ、”下手だから”の一言で済んでしまうと言えば済んでしまうのですが、ピアノを弾くことは、諦めの悪い僕には永遠の課題でもあります。
だからと言えばだからかも知れませんが、AIさんといい、モクリンさんといい、ピアノを歌わせることが出来る人は、僕にとっては憧れです。実在するなら”のだめ”ちゃんなんか、楽譜を追っただけで弾けてしまうのなんて垂涎です。まあ、”上手いから”で済んでしまいますし、それ程難しくない曲ならギターで楽譜を初見で弾けると言えば弾けるので、同じことなのかも知れませんが、ことピアノとなるとやたらと羨ましい。
”羨ましがってないで、練習しろよ!”
って事で、この記事を締めましょうか?

モクリンさんのページ、気が向いたなら見に行ってあげてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

AIさんと言う作曲家

この人の優しげなピアノ曲に最初に出会ったのは、1999年です。
月夜のピアノhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~aitukiyo/index.htmと言うページでご自分の作曲した曲をmidi形式で公開してくれていました。
でも、”ページのBGMにしたいから短く編集して送ってくれ”だの、こんな感じの曲が欲しいから作れ”だのと、心無い人たちに傷ついてページを閉じてしまっていました。
久しぶりに探し当てた月夜のピアノのページは、リニューアル中らしくて楽しみにしていた彼の新作を聞くことは出来ませんでしたが、彼が活動を続けていてくれたことはとても嬉しい。

月夜のピアノ
sya_persia
抱擁
one day
song for m
天使
恋詩
小さな思い
ワルツ
など大好きな曲が沢山あります。
もう10年近く、クラビノーバで演奏させたり、自分で弾く練習をしたり、PCやmp3 playerで聴いたりと何時も彼の音楽は、自分の傍にあります。

彼がページやブログに張る事を禁じていますので、ここで聴かせることは出来ませんが、月夜のピアノのページがリニューアルされた時には、彼の音楽に触れてみてください。きっと好きになると思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

やっぱり指は駄目かなあ?

071123_13470001 約10ヶ月ぶりにギターをケースから出し、チューニングをして弾いてみた。
1曲目は、ホセ・アントニオ・ドノスティアのドロール。大体練習するときは、この曲から入る。
小指は、少しでも力が掛けられるようにテーピングをしていたけれど、痛くて押さえていられない。
普通なら、この後、タレルガの前奏曲2番、5番、マリエッタ、マリーアと続く一連の練習メニューがあるのだが、一曲目で断念。
受診しても有効な打開策がある訳でもなく、プロでもない僕には荒療治をする気もない。
全然動かない指を想像して怖かったのだが、そこそこ指は動いている。残念ながら、指が痛くて歌わせられる状態には程遠いが、もうちょっと様子を見る気にはなっている。かれこれ痛くなり始めてから1年か?

もう、以前のように弾ける事は無いかも知れないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

技術の左手

クラッシックギターの世界では、技術の左手、芸術の右手と言います。他の分野でも言うのかも知れないけれども...
その肝心の左手の小指のDIP関節、中節骨と末節骨の間、何てことは無い一番指先の関節が痛くてギターが弾けなくなってしまいました。

ううっ!

タレルガの曲は、小指でのグリッサンドやポルタメントを多用します。(一つの弦の上を押さえたまま滑らせるテクニック、で説明としては合っていると思います。)長くタレルガの曲ばかり弾いていたせいか、一番力が掛かるDIP関節の靭帯が緩んできていたのですが、とうとう痛みが出てきてしまった。
X線写真を撮ってみたら、関節軟骨が消失して、骨の硬化像まで見える。

”これって、変形性関節症か?”

慌てて全部の指を撮って貰ったが、今のところ左手の小指だけ、よく見ると指も僅かに変形している。

”何てこったいっ!”

住んでいるところの近くの病院に、”音楽家の指”と言う本を書いている指で有名な整形外科の先生が居ると聞いたので早速行って見た。

”もう変形は治らないよ。”
”痛みが出ないように固定するしかないね。”
”.....”(絶句)

固定したら、弾けないじゃないか?
でも、痛みが退くならと半年テーピングで固定してみた。
しかし、全然痛みが退く気配なし。どうすりゃいいんだ?
小学5年生の時から始めて、ギターとは一生付き合っていくものと思っていたのだが、思わぬところで挫折が待っていた。

いや、こんなことで諦めちゃいけない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)