トップページ

2017年6月26日 (月)

単に命を繋ぐこともそれに当たるかな

Vexilleと言うアニメの中では、”命を繋ぐことで我々の存在は永遠である”と言うことを題材としていると思われますが、子孫達の持つDNAは自分のDNAのコピーとして、自分のDNAも遥か遠い先祖が命を繋いで来てくれたから存在するのです。ですから、子供を作ることで自分の存在は永遠になると考えられます。
網羅的に思考すると、情報のコピーは脳を媒体とするmemeの伝播として捕らえても、無機的なコンピュータ上でのbit列の単なるコピーでも、有機的な生殖行為として子供を作ることによるDNAの減数分裂及び合成と捕らえても、”情報を繋いでゆく”と言う行為には差がありません。
(memeとは、模倣の単位と言う概念を伝える名詞として、模倣に相当するギリシャ語の語源とするmimemeと言う単語をリチャード ドーキンスがgene(遺伝子)に対比させた造語だそうです。ミームが遺伝子プールと同じように、ミームプール 内で繁殖する際には、広い意味で模倣と呼びうる過程を媒介として、脳から脳へ渡り歩く、としています。)
memeの自然淘汰の動作原理は、魅力的かどうかだけですが、日本におけるDNAの自然淘汰の動作原理も、また、魅力的かどうかですよね?日本では、生殖可能年齢を過ぎるまで餓死するとか、戦争で死ぬとか、社会的に小さな紛争で命を落としてしまうとか、病気等で生殖機能を失ってしまうとか、そう言った事はあまり起こらない。(仕事に熱中するあまり、結婚をしない、もしくは、結婚しても子作りをしない、なんて人達が増えてきているので、ちょっと話が複雑にはなってしまっていますが・・・)
普通の生物は、豊かで有るほど個体数を増やすのですですが、人間の場合はどうも逆のようです。日本は少子高齢化が進んできていて、例えば60年後を考えれば(それまで日本が存在しているか解りませんが・・・)、日本の人口は今の半分くらいになっていて、バランスが戻るかも知れませんね。
リチャード ドーキンスは、遺伝子を主体として、個人をDNAを繋ぐ媒体でしかないと説いているようですが、Vexilleと言うアニメの中では個人を主体として、子孫に対するDNAのオリジナルとして永遠であると見ていると思われます。要するに立ち居地を変えて同じものを見ているとも言えます。
我々は生命として出現して、死んで消滅してゆきますが、子孫に引き継がれる情報は、種そのものが滅んでしまわなければ常にモデファイされながら残り続けます。

| | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

憲法を改正出来た時こそ日本が戦後を脱する時なのかも知れないね

経済企画庁が経済白書「日本経済の成長と近代化」の結びで「もはや戦後ではない」と記述したのは1956年だったらしいが、それから更に60年経った今でも日本にはアメリカ統治時代の影響が色濃く残っていると思う。

戦中戦後を生きてきた人たちは「もう戦争はごめんだ」と思っているだろう。平和な300年が江戸文化を花開かせたのは明確な事実だと思うので、後230年位平和を保てれば日本独自の面白い文化が芽生えるのだろう?その一つのプロセスが憲法改正なら悪くは無い。その時は日本人なりの憲法を作ればいい。

でも、戦争に加わるための憲法改正なら反対したい。現在、憲法改正に否定的な人たちには、改正の目的が国際貢献と称してアメリカの戦争に加わるために見えるからだろう。属国扱いして来る国から「我が国の戦争に加担しろ!」と言われて、「君たちが押し付けた憲法に戦争の放棄と書かれているから、出来ない物は出来ない。」と言い続ける方が、言い訳としては筋が通っている。仮に「金は出すけど人は出さない」と誹りを受けても平和を失うよりは余程良い。

島国に住み長く独立を保ってきた日本人の明確な目標は永劫の平和だと思う。三浦瑠璃さんの言葉を借りれば「日本の核心的利益は平和」である。誰の傘にも入らず、何処からも属国扱いされなくなったら、その時は平和と言う核心的利益のために憲法を変えれば良い。きっと日本は、その時初めて戦後から脱却できるのだろう。

| | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

第三世界を夢見る

新しい攻殻機動隊を見た時、第三世界って、結局全ての宗教が持つ死後の世界みたいなものだよね、って思った。現世の不遇を来世の厚遇に置き換えるのは宗教の王道だ。メンテナンス出来なくなった部品を生存維持のための不可欠な部品として持つことは、部品の故障が死を意味する。生体で心臓や脳と言った五臓六腑のどれが故障しても死を意味するのと変わらない。
物語の中ではアップグレード出来ない義体を選んでしまった事が緩やかな死を意味するが、それがアップグレードの有無を提供する側の企業体の利益追求の結果にとなってしまったら、人の生き死にも企業利益の道具にされてしまう、それが問題なのだろう?
経済的な格差は、人の生死に影響する。それは今も変わらない。唯、生体であり身体的エリートであるならば、経済的な格差の影響は僅かであり、人は自由に生を全うできる。違う所はそこだろうか?
人は何歳まで生きられれば満足なのか解らないけれども、天国でも来世でも永遠の命を求めるが故にゴーストが宿る機械に永遠の命を委ねるが、それすら企業の利益追求の道具でしかないのなら皮肉なものだ。結局企業は人の欲を売り物にする。家電製品なんかと何も変わらない。
人の生死を企業の金儲けの道具にしてはいけないと言う警告だろうか?
何かの都合でこれ以上生きられないと悟った時、第三世界を夢見て自ら命を絶つ。生体パーツが機能しなくなって寝たきりになった時、天国に行くことを夢見て自殺するのと変わらないように思える。
結局、生身であっても、義体であっても、永遠に生き続ける事は出来ず、企業利益の追求と言う生臭い動機が人に引導を渡す。そんな企業が死神のように思える。
第三世界を夢見るとは、死神から逃れ、神に縋る、そんな人間らしい行動にしか思えない。

| | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

今度はそう来たか?

菅長官、プーチン氏の北方領土発言に静観の構え
なんて記事を見て、そう思った。
北朝鮮と同じだよね。ロシアも余程内情が苦しいのだろうか?
北朝鮮が核を放棄したらカードが無くなってしまうように、ロシアも北方領土を返してしまったら日本からお金を引き出すカードが無くなってしまう。
だから、彼らは絶対に返すような事はしない。
日本ももっと強かになるべきだね。

| | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

熱中する

何かにつけて上手く出来るようになるにはその事に熱中する必要がある。最初から上手く出来る訳ではない。熱中してるとそれなりに上手く出来るようになる。
勿論今何かに熱中しているかと言うと、そう言う訳でも無いのだが、過去にどうだったかな?と思い浮かべると常に何かに熱中していたなと思う。
じゃあ過去に熱中したた事全てが上手く出来るようになったかと言うと、まあそんな事はない。何時までも経っても自分の思うように出来ない。そんなものもある。
じゃあ、それってどの位のレベルなら出来ると言うのか?は、自分の満足の行くレベルか、他人に評価されるレベルだよね。でも、それらは何時も食い違う。
仕事に関係ないものならば、単なる自己満足なのでレベルの設定は個人の自由だ。仕事に絡むと双方に不満を齎す。
ちょっと脱線してる。
長らく何か一つの事に熱中していると大成が齎されるかも知れないし、次々に熱中するものを変えて行けば何でも出来るようになるかも知れない。ちょうど事務の総合職を作るようなイメージだろうか?
弊害として、何でも出来るけど何にも出来ない奴が出来る。ちょうど今の僕のような技術職としては”それってどうよ?”って奴になる。
学会とかでは一つの事に熱中し続けた人が大成して有名になる。でも学者馬鹿と呼ばれるような他の事は何も知らない人に成りやすい。
大勢が納得するようなアイデアを出すには、幅広い知見が必要だ。学識経験者の出す意見には極論が多い。実際に求められている意見もそんな所なんだけど、それらから現実的なアイデアにして行くのが政治家の仕事なんだよね。でも、そんな政治家も殆ど居ない。居ても落としどころが自分の利権を生むところのようにしか見えない事が多い。それでも世の中は回っているから良いのかもしれないが、間違いを間違いで蓋をしてる感があって、現実の問題を理想的な方法で解決できていない。
相当脱線してる。
熱中が必要だなと思う理由は、自分が主導でやっていると言う事で、人に言われたことをやってるのではないと言う事だ。仮に人に言われて始めた事でも、熱中している内は自分が主導になる。その中で学ぶべきことは、成功に至るプロセスを磨く事だ。世の中の難しい問題は、少なくても今の世代の人間には解決できなようだが、人々がもっと高度な知能と問題解決能力を得ることが出来れば、現代人が解決できない問題も解決できるようになるのかも知れない。

| | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

日本人相手には上手く行っている証拠かな?

以前、「組織をダメにさせるCIA「サボり方ガイド」?」と言う記事に「現在の日本人一人当たりの生産性の低さは先進国の中では低いので有名ですが、これがCIAのなせる業なのであれば、アメリカと言う国の先見性には頭が下がります。」と書いたけれども、近年の日本とアメリカの貯蓄総額でも2倍の差があると聞いて、生産性の低さはこういう統計値にも現れているんだな、と思いました。
日本を貧しい国のままにしておこうと言うアイデアは、マッカーサーを取り巻く進駐軍のものですが、戦前の日本人がどんな仕組みでどんな働きぶりだったのかは良く解りませんが、進駐軍には”放って置いたらまたぞろアメリカを脅かす存在になる”と思ったのかも知れません。
その後の対日本戦略も日本の国力を抑える、もしくは、吸い上げるような施策が多かったなと思えますので、アメリカにとって日本は未だに「奉仕の国」であり続けるのかも知れませんね。そして、それは何故か日本人相手には上手く機能しているようです。その証拠が、統計値が示す日本人の生産性の低さや貯蓄総額の低さであるのかも知れません。
渡辺千賀さんが訳してくれた『Simple Sabotage Field Manual』 は以下の11項目のようなもので、第二次世界大戦時のCIAの前身組織 『Office of Strategic Services』 の秘密資料だそうです。原文はリンクを辿って下さい。
●「注意深さ」を促す。スピーディーに物事を進めると先々問題が発生するので賢明な判断をすべき、と「道理をわきまえた人」の振りをする。
●可能な限り案件は委員会で検討。委員会はなるべく大きくすることとする。最低でも5人以上。
●何事も指揮命令系統を厳格に守る。意思決定を早めるための「抜け道」を決して許さない。
●会社内での組織的位置付けにこだわる。これからしようとすることが、本当にその組織の権限内なのか、より上層部の決断を仰がなくてよいのか、といった疑問点を常に指摘する。
●前回の会議で決まったことを蒸し返して再討議を促す。
●文書は細かな言葉尻にこだわる。
●重要でないものの完璧な仕上がりにこだわる。
●重要な業務があっても会議を実施する。
●なるべくペーパーワークを増やす。
●業務の承認手続きをなるべく複雑にする。1人で承認できる事項でも3人の承認を必須にする。
●全ての規則を厳格に適用する。
https://www.cia.gov/news-information/featured-story-archive/2012-featured-story-archive/CleanedUOSSSimpleSabotage_sm.pdf

| | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

直ぐに正解を見たがるんだね

”もうちょっと自分で考えてからにしない?”
と言う事が増えたように思う。若手の教育を担当していて、あるCaseを見せて”意見を聞かせて”って聞くと、ちょっと見て”これって何ですか?”と聞いて来る。
う~ん・・・一つずつの正解は実はどうでも良いんだよね。大事なのは答えを導き出すための思考プロセスなんだ。出て来る答えは必ずしも正解で無くても良いくらい。トレーニングしたいのは、「正解に至るプロセスを学ぶ」ことなんだ。世の中、と言うと広げ過ぎだけど、僕たちの業界に真の正解は存在しない。最終的なGolden Standardとなる指標はあるけれども、それすら正解とは限らない。だから統計的に正解に至り易いプロセスを選ぶ。そのプロセスを学ばせたい。
ここの所相手にする人たちは、じっくり考える前に正解を知ろうとする傾向があるように見える。n数が少ないので統計的に有意差があるかどうかの判断は出来ないと思うけど、そういう行動がやたらと目に付くようになった。気付いてからは僕自身にも若干バイアスが掛かっているから尚更目立つのだろうが、それでも増えた気がする。
試験の成績を上げるための勉強の弊害なんだろうか?
多分現在の試験制度は、社会に出てからの例えば応用力や問題解決能力と言った能力を測るメジャーとしては、駄目なんだろう。

| | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

民意とは何か?

メデイアで話題にはなるけれど、その実態が僕にはさっぱり解らない、その代表格は「民意」だろうか。
国民投票のように一つの案件に対して全員が意見を述べる事が出来るようなシステムがあって、その代表的な意見が80%であった、とか言うならそれは民意と言って良いだろう。
政治家、新聞、テレビで”民意は・・・であり・・・”なんて言われても、”それってどうやって集計したのさ?”って思う。
”街頭インタビューで1,000人に聞いたところ60%の人が賛成していました。”なんてものならまだマシだが、”本当に1,000人に聞いたの?”とか、”自分たちの都合の良い数字に変えてない?”とか、”そもそもその1,000人は母集団を代表するサンプルになり得るの?”とか、色々思う。
みんなメデイアがそう言ってるから”そうなのか・・・”位に思っているんじゃないだろうか?
それって空気みたいなもんだよね?
へんな空気が勝手に作られて、KYじゃない日本人が忖度や斟酌で話を進めている、そんな気がする。
国、県、市、町の民衆と議員のヒエラルキーが順に民意を上げて行くようなシステムがちゃんと機能するならば、テレビで国会議員が”地元から上がって来た民意を代表するとこうである。”なんて言っても良いかも知れないが、日本でそんな政治が行われれている様にはとても思えない。そんなヒエラルキー自体が無意味であるような印象すら受ける。
結局、メデイアで語られる「民意」って何さ?

| | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

「忖度」が国際語になった

日本経済新聞 電子版に英フィナンシャル・タイムズ紙 の日本語約が載るのだが、その中に「[FT]Sontakuがつなぐ日本のスキャンダル 2017年3月30日付 」と言う記事があった。
へ~「忖度」が国際語になった、と思った。実は、この「忖度」って結構嫌いな習慣だから、はっきり言って嬉しくない。(「勿体ない」は嬉しかったように覚えている。)上手く機能すれば「気が利く」と言われるだろうが、下手に機能すると粉飾決算や自主規制のようなことになる。
以前、教科書検定に絡む文科省の自己規制のような話を書いた覚えがあるけれども、「こんな事をしたら何を言われるか解らない」なんて事をまだ何も言われていない内から心配する。大枠で捕らえた指針や命令があって、細部はそれらに沿った形で進めるのなら良いけれども、指針も命令も無いのに勝手に気を利かす。特に森友事件は法令違反に近い。公務員は法に基づいて業務を執行するのが役目なんだから、命令が法に触れるなら誰が何と言っても出来ない筈だよね。
そんな空気が日本には多い。僕はKYだから「それって規則にないから駄目ですよね?」なんて平気で言って顰蹙を買うけど、規則違反をゴリ押ししてくるような上司が山ほどいる会社じゃ、そもそも駄目だろう?
フィナンシャル・タイムズの記者は、「阿部首相が、とてつもなく大きな個人的権力の基盤を固めた直接的な結果として解釈できる。」と締めていたけど、日本は法治国家で何処かの独裁国家ではない。日本の法治制を守る上でも、最近はやりの企業コンプライアンスよろしく、官僚コンプライアンスを遵守して欲しいものだ。

| | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

コメント欄を閉じて2年も経つのか・・・

ちょうど答えるのが面倒なコメントが相次いだのと、忙しくてコメントに答えている暇が無かったのもあって、返事を書かない無粋さより、閉じることを選んだ結果だったのだけど、どうだろうか? こんなブログにコメントしたい奴居るかな?
基本的に備忘録のようなものなので、気が向いたら読んでもらう程度としてもらって、意見が違うと思うなら無視していただく、異論があるならご自分のブログなどに書いて貰う、そんなところで良いだろうか?
この程度のブログなら、何時ネット上から消えてしまっても、構わないだろう?
自分も後どの位生きていられるか解らないし、何時まで続くかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)